Top






------------------------------------------
ワークショップの概要(全体)
------------------------------------------
新聞社のデザイナーなど、プロを対象に開催してきたSND(The Society for News Design・新聞デザイン協会)のワークショップスタイルと
大学で行っている授業(コミュニケーションデザイン・情報メディアデザイン)をミックスして、わかりやすく伝える視点・表現
を探っていこうと思います。

社会人3人+学生1人で構成された5チームが、自分たちのテーマに沿って街で必要な情報を観察・リサーチ・収集・分析・整理し、
どのようにデザインすれば他の人に注目・理解されるかをチーム一丸となって考え、インフォグラフィックスを完成させます。
ワークショップ参加者全員の
情報リテラシー(情報を使いこなす能力)を高めていくことが目的です。
視覚による「わかりやすく伝える」ことに興味がある方ならどなたでも参加できます。絵が苦手でも問題ありません。

日時:2008年9月27日(土)10時〜18時30分
会場:渋谷・勤労福祉会館(渋谷公園通り・パルコ前の交差点角)
場所:渋谷
定員:20名(社会人17名・学生3名)……先着順締切

制作コンセプト:
今回のワークショップでは、架空のフリーペーパーで秋の渋谷特集号を制作します。
渋谷にはおもしろい通りやエリアなどたくさんありますが、それは別の特集号に譲り、今回は、人がワンサカ押し寄せる建物空間5つに注目しました。
 「SHIBUYA109」「東急ハンズ」「LOFT」「QFRONT」「東急フードショー」
1チーム当たり見開き2ページを使って、全10ページのインフォグラフィックスを作るという想定です。

テーマ:
「人があつまる 魅力を伝える」
魅力という形のないものを、どうすると読者を引きつける形に変化させることができるか、
集めたデータを、どういう切り口・どういうプロセスで展開させるかが重要なポイント。
「プロの現場」の緊張感をもって、17時の締め切りに間に合わせてください。

---------------------------------------
時間の流れ:
09:30 開場
10:00 開会〜挨拶
10:30〜14:00 ディスカッション・現地調査・ランチ・説明用デザインラフ
14:00〜14:30 シャッフルディスカッション(前半 1a、1b)(10分×2)
14:30〜15:30 デザイン制作
15:30〜16:00 シャッフルディスカッション(後半 2a、2b)(10分×2)
16:00〜17:00 デザイン制作〜完成
17:00 締め切り
17:00〜18:30 発表〜質問〜講評〜リフレクション
---------------------------------------

1チームは4人。メンバーとは当日初めて顔合わせをしますが、席に着いた瞬間から活発なディスカッションが展開できるよう、
現地に行かないまでも、ネットやその他で十分な下調べや予備知識を仕入れ、いくつかの自分なりのアイディアを持ち寄ることが必須です。
積極的にそれに関しての「通またはオタク」になっていてください。

コンピュータは使いません。手描きで作成します。
きれいな仕上がりよりは、「おもしろく、わかりやすく伝えるための目の付けどころ」が発見ができれば大成功です。

発表用の仕上げ用紙は、ヨコ位置の模造紙1枚を見開き2ページと見なすか、タテ位置の模造紙2枚で見開き2ページと見なすかのどちらか。
なお、デジカメプリント用にモバイルプリンタとコンピュータ1台を持参しますので、各チーム写真点数12枚限定でプリントできます。
(A4用紙に4枚ずつレイアウト×3シート)

シャッフルディスカッション(変型バージョン)
他の2チームからそれぞれ1人ずつ呼び、その2人に対して自分のチームの1人が説明します。この様子を自分のチームのもう1人が観察。
聞き役は読者という立場。前半2回、後半2回の4回のシャッフルで、自分のチーム以外の2チームについて制作過程で意見が言えるということになります。
2回のうちの1回が賛同者として、もう1回は逆に異見側としての立場を設定するので軽いディベートになれば面白いでしょう。
全員が説明者、観察者、賛同聞き役、異見聞き役を1回ずつ経験することになります。


講師:木村(TUBE GRAPHICS)・上平さん小林さん、 オブザーバー:浅野さん棚橋さん
※木村に加えて、情報デザインフィールドで活躍中の4人の方々に講師やオブザーバーとして協力していただけることになりました。

参加費:基本的に無料ですが、会場費と配布プリント代の実費として500円をお願いします。
------------------------------
お問い合わせ:事務局⇒ workshop@tubegraphics.co.jp
※このワークショップは不特定多数が直接集合するものではありませんので、新規の方は事前に所属・住所等の申請が必要です。

主催:コミュニケーションデザイン研究会(非営利目的の研究会)