Charts & Graphs
フローチャート年表 Flowcharts / Chronologies
グラフ Graphs / Tables
 
Diagrams  
ダイアグラム図解 Diagrams
医療健康 Medical / Health
軍事政治 Military / Politics
スポーツ図解 Sports
オリンピック Olympics
 
Maps 
タウンマップ City maps
イラストマップ鳥瞰図 Illustrated maps
日本百名山の鳥瞰図 Bird's-eye view of 100 famous mountains in Japan
交通路線図 Traffic maps
案内図作成アクセスマップ Locator maps
 
Pictograms
ピクトグラム Pictograms

about us
会社概要 Company profile
アクセス Access
インタビュー Interview
執筆/講演/作品紹介書籍 Publication/Lecture/Media Attention
クライアント Clients
ワークショップ Workshop

ブログ tube_logtwitterfacebook

amazonTUBEの推薦本を買う

2015.5.22

SEさん向けに上流工程開発プロセスのためのインフォグラフィックス本をつくりました

『システム企画・提案の図解術』
 木村博之 著 発行:日経BP社 2015.5.25発行 2,700円(税抜)
 
Kindleなど、ほぼすべての電子書籍版でも発売予定 amazonで購入


 この本の基になった連載記事を書くに当たって、日経BP社の編集者から『図解は苦手なんですよ。絵心がなくて』という言い訳をして、何が言いたいのか分からない図を作るITエンジニアが多い」という話を聞きました。編集者が記事の寄稿を依頼し、記事中の図をPowerPointなどで作ってもらうと、決まって出るセリフだとのことです。編集者は、この人が書く記事なら読者ニーズが高いと考えて寄稿を依頼しているはずです。エンジニアとして一流どころか、日本のIT業界を代表する超一流の方もいるはずです。それでも、先述のようなことを言われるケースが圧倒的に多いそうです。言葉の行間を補うと「自分は理科系なので、畑違いの芸術的センスを求められても困る」ということなのでしょう。
 これは、大きな勘違いです。ITエンジニアに求められる図解力は、決して絵心のような芸術的センスではありません。相手が内容を一目で把握できるようにする上で必要なのは、ITエンジニアの中核スキルの一つである、物事を分析して構造化する「モデリング力」です。図解は苦手と言い訳するのは、構造化分析やモデリングができないと言っているようなものです。
 図解もモデリングも基本は構造化です。そもそも、業務・システム設計のモデリングは図解の一種と見なせます。(中略)求められるのは論理的思考力です。ITエンジニアが得意とするスキルでしょう。本書に記載してあることに留意すれば、メッセージが相手に正しく伝わる図を作れるはずです。ぜひドキュメントの分かりやすさを高め、コミュニケーショントラブルを減らしてください。(「おわりに」から抜粋)



お陰さまで4刷出来! 台湾、中国、韓国でも翻訳されています
『インフォグラフィックス』情報をデザインする視点と表現
 
木村博之 著 発行:誠文堂新光社 2010.8.28発行 256ページ 2,800円(税抜) 


amazon
楽天ブックス
紀伊國屋書店
丸善&ジュンク堂
セブンネット
誠文堂新光社
台湾翻訳版
中国翻訳版

韓国翻訳版


オフィスを移転しました。
表参道駅から1分の広場「Commune246」内のシェアオフィス「MIDORI.so2」です。

News
日本経済新聞の「Global Data Map」など グラフィック・ファシリテーション開始 2013.1.1〜
朝日新聞社 インフォグラフィックス広告企画「INFO-GRA!」のコンセプトデザイン開始 2012.5〜
池上彰さんのNHK Eテレの番組「メディアのめ」に出演…「発見!グラフのちから」現在放送中

Tsunami (写真と地図、リンク映像で構成/木村のブログ)
「3.11 故郷・宮城県女川町を地震と大津波が襲った(東日本大震災)」